着物のシミ・黄ばみなどのお悩み解決します!「なぎさ本舗京都屋」にご相談ください! なぎさ洗い・特殊しみ抜き・着物のリフォームはいかがですか?

洗浄工程のご紹介
トップ > 洗浄工程のご紹介

『なぎさ流』は寄せては返す波(なぎさ)のように、大切なお着物を自然洗い。

絹本来の美しさを引き立てるため、友禅染めは加茂川の流れを利用するように、『なぎさ本舗京都屋』では、型崩れせず、生地を傷めないよう、寄せては返す波(なぎさ)の原理を応用して自然洗いをする独自の技法『なぎさ洗い』で、大切なきものの美しさや風合いをいつまでも保ちます。着物特有の風合い、繊細な感覚をこわすことのないように、現代の最新技術を取り入れた洗浄方法です。

作業工程

【1】ご来店・受付または外交・お預かり お客様にご来店いただくか、スタッフが引き取りに伺い、ご依頼の着物をお預かりいたします。この時シミや黄ばみなどお悩みの部分を詳しくお尋ねいたします。 【2】前処理 洗浄の前に担当者がお預かりしたお着物を入念に検品いたします。衿、袖口、裾など汚れが目立つ部分に汚れやシミがあれば前処理をいたします。 次の工程へ
【3なぎさ洗い-1】 独自の専用機械にてお着物にダメージを与えないソフトな洗い『なぎさ洗い』で洗浄いたします。 なぎさ洗い専用機械にて作業中の様子 【3なぎさ洗い-2】乾燥 乾燥は自然乾燥でゆっくりと乾燥させます。 しみぬき作業中の様子 【3なぎさ洗い-3】しみぬき・色柄修正 シミや黄ばみは生地を傷めないように、丁寧にしみぬきし、色柄修正や刺しゅうのお直しも致します。 仕上げへ
【3】洗張り 一旦糸を解いて反物に戻し、湯のし機で蒸気をあて巾を広げたり湯通しをして糊や汚れを落とす作業です。 【3洗張りー1】洗張り・湯通し 専用の機械で湯通しし、糊や汚れを洗浄していきます。 洗張り・湯通し作業中の様子 【3洗張りー2】湯のし 反物にした着物を湯のし機で蒸気をあてて巾を整えていきます。 湯のし機での作業の様子1 湯のし機での作業の様子2 【3洗張り-3】仕立て 洗張り・湯通し、湯のしが終わった反物状の着物を熟練のスタッフが元通りに仕立てます。 仕上げへ
【3】しみぬき シミや黄ばみは生地を傷めないように、熟練のスタッフが丁寧にしみぬき作業をいたします。 しみぬき作業中の様子1 しみぬき作業中の様子2 【3しみぬきー2】手書友禅 色柄修正や刺しゅうのお直しもいたします。 手書友禅の様子1 手書友禅の様子2 仕上げへ
【3】染め(染め替え) 年齢や好みに合わない、そんな色柄も、染め替えで新しく生まれ変わります。元の柄を活かして染めるなどの様々な技法があります。 【3染め-1】染め替え 一度色抜きをしてお好みの色柄に染め替えます。 染め替え前と後の比較 【3染めー2】地色替え 地色替え前と後の比較 【3染めー3】柄足し 地味な色柄の生地も柄を書き足すことで華やかな柄の着物へと生まれ変わります。どうしてもとれないシミや汚れ等の部分に新しい柄を書き足し、目立たなくすることができます。 柄足し前と後の比較 後点検へ
【4】後点検 受付時にお客様にお尋ねしたチェックリストを見ながら、最終確認を行っていきます。 仕上げへ
【5】仕上げ 丁寧に仕上げのアイロンがけをいたします。この時に汚れの見落としがないか確認しながら適温でアイロンがけをいたします。 包装・リファイナリーパックへ
【6】包装 ふっくら真空『リファイナリーパック』 お手入れ後の新調感を完璧に保つために当店独自の多層ラミネート加工フィルムを使用した「リファイナリーパック」で衣類を外気から守ります。 パック内部を高純度の不活性ガスで満たし、酸素の少ない状態にしているため、衣類の変色や虫食い、カビの発生などからガードいたします。

このページのトップへ

お問い合わせ先

お電話・ファックスでのお問合せ

【受付時間】平日9:00~18:00 〒840-0857佐賀市鍋島町八戸3060-2 FAX.0952-26-3900 TEL.0952-26-3949 【フリーダイヤル】0120-26-3949

オンラインでのお問合せ

ネットでお気軽にお問い合わせいただけます。お問い合わせページのメールフォームにご相談・お問い合わせ内容をご入力いただき、送信ください。後程スタッフよりご連絡差し上げます。

お問合せフォームから問合せ・相談する

このページのトップへ